ワーキングパパ&ママ交流会

2018年7月に東横病院としては初めて「働くママを支援するためのミーティング」を開催しました。子育て中のスタッフ全てに参加してもらうのは業務上も難しいため、4月以降に育休明けで働いているスタッフを対象に開催しました。

参加者は男性1名、女性7名。自己紹介からはじめ、最初はなかなか話しづらい様子でしたが、子育て経験のある副部長がスタッフの気持ちを引き出し、自分の子育て経験など交えながら話してくれたおかげで、和気あいあいとした雰囲気であっという間の時間が過ぎました。アンケートからも仕事と子育ての両立のヒントがもらえたなどプラスの意見を多くもらえました。

2019年3月には、4月に育休から復帰する予定のスタッフに対し、ミーティングを企画しました。参加者は育休からすでに復帰しているスタッフ合わせて女性4名、子供たち3名看護部4名、産業カウンセラー1名と少人数での開催でした。育休中に起こった東横病院の変化や体制について副部長から説明があり、総務課から復帰の際の書類や時短勤務の取り方などについて説明がありました。その後はみなさんでフリートークタイム。子供同伴の参加でしたので、床に張ったビニルシートに子供もママも私たちも靴を脱いでの座談会となりました。出産を機に異動するスタッフもおり、復帰後の不安も強いようでしたが色々な質問や皆さんのお話を聞くことで復帰と異動の見えない不安が少しは解消されたようでした。

今年度は、育休中のスタッフに定期的に院内報やLINK(東横連携だより)を送付するシステムを始めました。今後はe-leaningを受講できるようにするなど、スムーズな復職ができるように支援していきたいと考えています。