輸血拒否患者さまへの本学の対応について

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の方針

当院は、患者さんが宗教的信念により輸血拒否される場合には、可能な限り患者さんの自己決定権を尊重し無輸血治療に努めますが、医師が生命維持に輸血が必要と判断した場合には輸血する、「相対的無輸血」を基本方針としています。生命維持に必要な場合であっても輸血を行わない「絶対的無輸血」を希望される場合は、他医療機関への転院をお願いしておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。