生活習慣病外来とは

生活習慣病とは?

生活習慣病とは、食生活、運動習慣、ストレス、喫煙、飲酒等の生活習慣の乱れが糖尿病や脂質異常症、高血圧、肥満症などの疾患を引き起こすことを言います。メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)は蓄積した内臓脂肪から動脈硬化を促進する悪玉ホルモンが出てくることで、高血圧や脂質異常症、血糖値を悪化させる疾患です。

健診は健康への第一歩

健康診断センターで異常を言われたら・・・
 

健康診断やドックで、結果表に「血糖値が少し高いようです」、「コレステロールや中性脂肪が高いので食事に気を付け、運動をしましょう」というコメントがつけられてくることがあります。これを見て心の中では、気を付けなければと思っていても、忙しくて受診できない、痛くもないし体調も悪くない、サプリや健康茶を飲んでいれば良くなるはずだと思われている方が多くみられます。
 
しかし、血管に対する負担は思っている以上に大きいのです。手足がしびれた、言葉が出ない、目が見えにくい・・・そのような症状が出てきた時には、もう元の状態には戻れないかもしれません。健康を例えれば永久歯と思ってみてください。軽い虫歯なら治療をすれば使い続けられるかもしれませんが、そのまま放置すれば歯を抜かなければなりません。からだの場合は生活に支障が出るだけでなく、命にもかかわります。健診で異常を指摘された場合は、それはからだの声なき悲鳴です。是非、生活習慣病センターに受診いただき、健やかなからだに戻すお手伝いをしたいと思います。
 

生活習慣病センターでは何を診るのでしょうか?

◆患者様へ:より良き「からだ」と「生活」の向上に向けて
 

生活習慣病センターでは、糖尿病専門医が常勤しており、糖尿病及び糖尿病予備軍の方の治療や生活指導を行うことができます。
また、糖尿病だけでなく狭心症・心筋梗塞、脳梗塞の原因でもある脂質異常症(高脂血症)や高血圧、メタボリック症候群の治療もおこないます。
内分泌診療では、甲状腺疾患を含めた各種内分泌疾患の検査・治療も行います。
「最近だるい」、「胸がどきどきする」、「体重が落ちてきた」、「汗をかきやすい」これらの症状はもしかしたら甲状腺ホルモンのバランスが乱れているのかもしれませんので、お気軽にご相談ください。

足に不安や異常を感じたことはありませんか?

糖尿病では足の疾患を伴うことがよく見られます。
 
足白癬(水虫)は日本人の5人に1人、爪白癬は10人に1人と言われています。足白癬や胼胝(タコ)を放置しておくと、感染を招き壊疽(えそ)などを起こします。このような足の異常(足病変)は早期の治療が必要です。糖尿病からくる足病変の原因は、神経障害や血行障害によるものがあり、治療法が異なることがあります。血行障害に対しては、血行を改善させる治療(カテーテルあるいはバイパス手術)が必要になります。神経伝導検査装置 DPNチェックにより原因を迅速に見極めることができます。足がしびれる、チクチクする・・・これらの症状は糖尿病からきている神経障害かもしれませんのでご相談ください。
 

ssb009.jpg

神経伝導検査装置 DPNチェック

基本的な入院
糖尿病教育入院

内容 : 糖尿病の治療に必要な正しい知識と技術を身につける講義です。
 
期間 : 水曜日の入院から1週間を予定しています。
 

教室担当 時間 内容
理学療法士 水曜日13:00~13:30 運動療法について
医師 水曜日14:00~15:00 糖尿病とは、合併症と予防
看護師 木曜日15:00~16:00 日常生活上での注意、低血糖、フットケアなど
薬剤師 金曜日16:00~17:00 薬物療法について
管理栄養士 月曜日16:00~17:00 食事療法について

医師より

糖尿病がどの様な病気かを知っていただくために、正しい知識を身につけてゆきます。
併せて治療や生活指導を行います。

看護師から

低血糖時の症状や対応、風邪など体調不良などで食事が摂れなくなった時や、足の観察と手入れの方法、災害時にむけて準備しておくと便利な物品や知識などについて、わかりやすく説明します。また、治療で必要な血糖測定や注射手技については個々で指導させていただきます。

食事療法

入院食は、個人ごとにエネルギーや塩分を調整したバランスの良い食事となっております。退院前には管理栄養士による栄養教室があり、退院後の食生活に向けて具体的なアドバイスもさせていただきます。

運動療法

患者さまの年齢、症状、普段の運動量などを考慮した上で、個人個人に合わせた運動プログラムを実践し、ご自宅でも運動を継続できるようサポートします。

薬剤室より

治療に使われるお薬について薬剤師がわかりやすく説明し、患者さまがきちんと理解したうえでお薬を続けられるようサポートします。

インスリン導入 入院(要予約)

所要日数/時間

7日間(入院)

内容

インスリン自己注射手技の確立を目標とします。糖尿病療養指導士による自己注射導入や簡易自己血糖測定器の取り扱いや低血糖に対する指導もいたします。

糖尿病合併症ドック 入院(要予約)

所要日数/時間

5日間(入院)

内容

短期の入院で糖尿病細小血管障害(腎症、神経障害)、大血管障害を網羅的に評価する入院も行っております。