SASとは

睡眠時無呼吸症候群

(sleep apnea syndromu;SAS=通称 ”サス”)

睡眠中に何らかの呼吸の障害が起きることを睡眠時呼吸障害や睡眠時無呼吸と呼びます。この睡眠時呼吸障害や睡眠時無呼吸に昼間の眠気などの症状が伴い、睡眠中に10秒以上の呼吸の停止や低下が1時間に5回以上繰り返されると睡眠時無呼吸症候群(以下SASとします)と診断されます。通常、SASといえば、頻度の多い、閉塞型SASを指します。この項では、一般的な閉塞型SASをSASとしてお話します。

睡眠時無呼吸症候群の症状

その他、窒息感による覚醒、肥満、不眠、インポテンツ、生活の変化、うつ病、むくみなど・・・ベットパートナーが睡眠中の無呼吸や異常な体動に気づくこともあります。
わが国の成人男性におけるSASの頻度は3%程度との報告もありますが、自覚症状のないものを含めると10~20%ともいわれます。
睡眠時無呼吸がさまざまな心血管疾患に高率に合併し、発症、進展において重要な危険因子であることが多くの研究で明らかになってきています。

なんでなるの?睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸は、睡眠中に出現する上気道の狭窄・閉塞が原因です。
具体的には下記によるものが多いようです。

①肥満
②アルコール
③薬物(睡眠薬)
④耳鼻科疾患(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など)
⑤咽頭扁桃部異常
⑥骨格や年齢によるもの など

睡眠時無呼吸症候群の診断、検査

睡眠時無呼吸検査 PSG(polysomnography、ポリソムノグラフィー)

●脳波、筋電図、眼球の動き
→睡眠段階(REMなど)、覚醒反応の有無などの睡眠状態を把握。
●エアフローセンサー(口鼻呼吸)、腹部胸部センサー(胸腹の動き)
→無呼吸の程度、閉塞型か中枢型かの判別。
これらの装置を臨床検査技師が取り付けるのに1時間ほどかかります。

PSGで得られた無呼吸低呼吸指数(apnea-hypopnea index; AHI)が5以上であるとSASと診断されます。
AHI:5以上15未満→軽症、AHI:15以上30未満→中等症、AHI:30以上を重症と診断します。
上記検査を個室一泊(夕朝食あり)の入院で行います。

睡眠時無呼吸症候群の治療

・肥満は大敵です!減量です。
・飲酒は無呼吸を悪化させます。節酒、可能であれば禁酒です。
・睡眠薬も時として無呼吸の促進剤となります。
 

◆口腔内装置(oral appliance ; OA)

軽症から中等症で眠気などの症状がある場合に適応となります。


歯科で作成をしていただきます。当院で歯科をご紹介いたします。
 

◆持続陽圧呼吸療法
(continuous positive airway pressure ; CPAP=シーパップ)
SASが中等症から重症であれば適応があります。

睡眠時無呼吸
   ↓

CPAP療法

CPAP装着例

睡眠時無呼吸検査・治療に際しての費用(H25年4月現在)

<睡眠時無呼吸検査 PSG 入院費用>
当院では保険3割負担:約45,000円(税抜)、1割負担:約25,000円(税抜)です。その他、金額に関しましては増減がございます。

<持続陽圧呼吸療法 CPAP 管理費用>
保険3割負担:4,380円(税抜)   1割負担:1,460円(税抜) (月に一度の算定)
上記の他に診察時は診察料、処方がある場合は薬代がかかります。

<口腔内装置 OA 作成費用>
保険適応があるものとないものがあります。
3割負担:6,900円(税抜)   1割負担:2,300円(税抜)から保険適応がなく実費で40,000~50,000円(税抜)ほどかかるものがあるようです。口腔内装置作成に関しては歯科医院をご紹介いたします。

睡眠時無呼吸症候群検査の実際の流れ

問診・診察

簡易検査または睡眠時無呼吸検査(PSG:一泊二日)

重症度により治療開始

定期受診・診察

<検査日程>

   検査曜日  検査曜日  
 第1週  火曜日  木曜日 (休診:土曜日、日曜日)
 第2週    金曜日 (休診:日曜日)
 第3週  火曜日  木曜日 (休診:土曜日、日曜日)
 第4週    金曜日 (休診:日曜日)

※月により検査日が前後する場合があります。

まずはご相談ください。

当院では平成23年4月8日より下記日程で睡眠時無呼吸症候群(SAS)専門外来を開設しています。
特に高血圧、心不全、不整脈、虚血性心疾患などの循環器疾患を合併している睡眠時呼吸障害の診察は当院にご相談ください。
 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来


毎週(火)、(木)、(金)  午後

*診察は予約制です。都合により診察のない日もございます。
 当院に電話でお問い合わせの上、受診をお願いいたします。
*労働許可判定など、当院での対応が困難な場合があります。
 その際はご了承ください。

聖マリアンナ医科大学東横病院
TEL 044-722-2121 (代表)