当院入院患者様の新型コロナウイルス感染について

当院入院患者様の新型コロナウイルス感染について

 

12月7日、当院に入院している患者様1名について、新型コロナウイルス感染症の遺伝子検査で陽性が確認されたため、同感染症に対応可能な医療機関へ転院いたしました。当該患者様は無症状でしたが、入院時のスクリーニング検査で陽性が認められました。
当該フロアに入院中の患者様や勤務しているスタッフ全員に遺伝子検査を実施し、12月10日現在、全件の陰性を確認しています。現在、発熱等の症状を有する患者様やスタッフはおりません。
本件について、外来診療への影響はございません。入院診療は、感染経路が不明なことから、念のために当該フロアへの入退出を一定期間制限中です。他フロアについては、万全な感染対策を講じた上で、診療を継続しています。

2020年12月10日
聖マリアンナ医科大学東横病院
病院長