教育のページ

聖マリアンナ医科大学東横病院の教育について

 

現場での実践、教育、目標管理の三本柱を軸として、育成の看護師像としてジェネラルナースを設定しています。化学的視点で探求心を持ち、決断、洞察力を備え自律した看護の専門職業人の育成を目指しています。また、自己責任のともにキャリアを開発、発展さていくことを組織として支援します。
 

教育体制

1.新人教育について

2.新人の年間研修スケジュール

3.卒後教育

4.現任教育について

5.実績報告会

6.E-learningシステム(Nursing skill)について

7.キャリア開発

8.院外研修派遣

1.新人教育について

新人の教育プログラムを整備しています。1年間はプログラムに沿って集合教育を実施しています。また、配属部署も集合教育と連動させながら具体的な指導する体制を整備しています。そして、配属部署ではチーム全体で新人をサポートしますが、精神的な支援、学習支援等いろいろな相談役としてチューターナースを配置しています。

1)チューター

各新人に決まった相談相手(チューター)を配置し、仕事の仕方、学習方法、悩みごとなどの精神面、生活など広範囲にわたり相談や支援を行います。

2)チームメンバー

日々の看護業務を指導していきます。全てのチームメンバーが支援者として新人に関わります。

3)主任

チューターとともに新人の支援体制を強化し、必要な支援を行います。

4)師長 副師長

新人看護師の育成状況を把握し、全体の支援体制を必要時調整をします。


 

2.新人の年間研修スケジュール(一部紹介)

4月 入職時オリエンテーション
多職種とともに東横病院についてオリエンテーションを行い、組織の一員、社会人としての心構え等について理解を深めます。また、配属された部署でも詳細のオリエンテーションを受けます。

4月~5月
新人看護師が身に着ける必要がある基本的看護技術について主任が中心となり集合教育で理解を深めていきます。また、ここでの技術を配属部署で実践指導を行います。

夜勤オリエンテーション
実際の夜勤に入る前に、心構えや過ごし方の講義を受け、16:30から21:00までの先輩につき、シャドーイングを行い、不安解消してから夜勤体験に臨みます。本格的な夜勤のトレーニングは、7月頃から開始します。
※シャドーイングとは:先輩と一緒に行動し、先輩の行動だけでなく考え方やアセスメントを学ぶことができます。

7月 看護理論 看護過程について
当院で使用しているオレム看護理論について理解を深め、事例を通して看護を展開について学びます。
アセスメントの視点を理解することで、アセスメント能力の向上を目指しています。

※フォローアップ研修について
入職後より、フォローアップ研修を1ヶ月毎に行っています。
自己の成長を実感するだけでなく、社会人基礎力を振り返ることで自己の課題を明確にし、明日の看護につながるような支援を行っています。できるようになったこと、困っていることを共有することで、解決策を見出すことにつなげることやプリセプター研修等につなげることで、同期の結束を高めるだけでなく、支援体制を強化することにつながっています。

8月 フィジカルアセスメント2
受け持ち患者さんへの退院指導等を行う時期のため、外来看護の実際を学び、退院指導につなげ ている。退院時の指導につながっている。

9月 多重課題への対応 Ⅰ(講義と机上トレーニング)
多重課題の対応について、考え方を理解し、事例を用いながら検討を行う。それぞれの考え方もあるが、優先順位のつけ方をあらためて理解する研修。

 

10月 急変対応 救急蘇生法
夜勤の独り立ちに向けて、急変時の対応を理解する。蘇生の実際・I-SBARの活用など様々な場面を想定し行う。

 

11~12月 多重課題への対応 Ⅱ
外部のシミュレーションラボで、多重課題研修を行う。自己の行動を振り返り、さらなる看護実践力の向上を目指す。

 

1~2月 「看護場面の振り返り」
印象に残った看護場面を振り返り、自己の看護観を明らかにする。
文章にまとめ、報告することで、1年間の振り返りを行う。

3月 修了研修
1年間の研修を振り返り、自己の成長を認め、次年度への課題を明らかにする。

1年間の研修を通し、主要な看護技術の習得と社会人としての姿勢・看護師としての大切にしている看護を明確にできるような看護師の育成を目指している。

 

3.卒後教育について

看護師としてのキャリアを段階的に歩めるような研修を企画しております。
卒後2年目から指導者と成長に合わせて、参加できるようにプログラムを作っています。メンバーからリーダーへ、個々の育成に合わせて研修を企画しています。研修を通し、自立から自律へ、一人の看護師としての成長を目指すとともに、全人的に患者をとらえ医療チームの中心としてケアが提供できる人材育成を目指しています。

☆各研修について☆

1)メンバーシップ研修

チームの一員として、メンバーシップが発揮できる人材の育成
オレム看護理論の理解を深め、自己の看護の振り返りを行っている。

2)リーダー研修Ⅰ・Ⅱ

チームの一員として期待される役割を理解し、専門的技術・知識に基づきリーダーシップを発揮できる。さらに、リーダー研修Ⅱでは、期待されている役割を理解し、チームの目標達成に向け、知識と経験に基づいてリーダーシップを発揮できるような問題解決方法やコミュニケーションスキルについて学び実践する。

3)チューター研修

プリセプターとしての役割と機能を学び、新入職者への支援ができる。

4)中途採用者研修

 当院で使用している看護理論について理解を深めるだけでなく、グループワーク等を通し、職場適応を支援する研修。

 

4.現任教育について

年間を通しコースで参加する研修や全看護職員対象の研修など、卒後研修を修了した後も学び続ける姿勢を持ち参加できるような研修を計画しています。視野を広げ、チーム医療の中心となる人材を育成できるように様々な分野での研修を実施しております。

☆各研修について☆

1)倫理研修

日々の看護を振り返りながら、倫理的な視点を忘れずに事例を通して話し合いながら、ツールを活用し分析を行い、倫理について深めて実践に結び付けるような研修を実施しています

2)看護研究研修

日々の看護実践をさらに深めていくための看護研究を実施できるように、研究の基礎知識を理解し、研究計画書の記載方法や文献検索など、基本的な知識から実際の看護研究に結び付けることができるような指導を行っています。研修を通し看護の質向上を目指しています。

3)退院支援研修(年間コース)

退院支援に必要な知識・技術を習得し、看護実践に生かすことができる。適切な時期に看護・家族の自己決定を尊重した退院支援が提供できるように、訪問看護ステーションへの研修を行い、実践につなげています。

4)認知症看護研修

認知症患者の対応力を向上させるため、知識の確認だけでなく事例を通しケアにつなげています。認知症患者対応研修修了者に向けた研修や全看護職員対象の研修など様々な対象者に向けて、看護場面の振り返りや事例展開を含めて行っています。

5)臨床判断

複雑な病態の患者事例を通して、患者の状態をアセスメントから看護までを解剖生理から導き整理していく。関連図などのツールを活用し患者理解を深められるようにしています。

 

5.実績報告会

3月には、各部署での活動や研修での成果を報告する「実績報告会」を開催している。それぞれの1年間の実績を報告しあい、次年度への新たな活動へつなげている。

 

6.E-Learning【Nursing Skill】について

院内の行われている看護技術はすべて「ナーシングスキル」というE-Learningにて事前学習や事後学習が可能です。看護手順だけでなく、動画による講義も含まれており、院内研修への活用も行っております。院内だけでなく、自宅でも知識の確認や復習を行うことができます。さらに、「臨床サポート」というシステムにより電子カルテやパソコンを利用し、病態や治療についても簡単に確認することができます。

 

7.キャリア開発

「看護師としてのキャリアをどのように考えていくか」看護師として、どのようなキャリアを形成していくか、個々のキャリアシートに5年計画を立てます。キャリアファイルに自己の学習を積み重ねていきます。
将来の方向性としてジェネラリストを目指すのか、スペシャリスト・教育・管理等の内どのような方向性を目指すのか、それぞれの自己の将来を見つめ、未来に向けた行動がとれるような支援をしています。

 

8.院外での研修参加

キャリアを重ねるうえで、院外での研修に参加し広い視野で知識を身に着け活用することが重要です。そのため、当院では、日本看護協会学会や神奈川県看護協会、川崎市看護協会等の主催の研修等への参加を積極的に推進しています。また、学会発表等も積極的に行い、様々な学会への参加や発表を支援しています。
また、臨床指導者研修・看護管理研修ファースト・セカンド、認定看護師養成研修・認定看護師・専門看護師等、個人のキャリアに合わせた研修参加を推進しています。