転倒・転落防止対策について

入院される患者さま及びご家族のみなさまへ

 入院生活をする病院の環境は、それまで住み慣れた家庭環境とは異なります。その生活環境の変化に、病気やけがによる体力や運動機能の低下が加わり、思いもかけない転倒・転落が起こることが少なくありません。

 高齢者の方は特に注意が必要です。突然の環境の変化と、病気やけがによる体力低下に、加齢に伴う認識力や運動機能の低下が加わって、結果として深刻な事態を招く恐れがあります。高齢者の寝たきりを引き起こす原因の多くは、転倒・転落による骨折です。大変危険な場合は、安全のためのさまざまな介護用品および抑制用具を使用させていただくこともありますので、ご理解をお願いします。

 当院では、生活環境を整備しながら転倒・転落の予防に十分注意をして、安全で快適な入院生活を送っていただくようにいたしておりますが、さらに安全を高めるためには、患者さま1人ひとりの状況において転倒転落の危険がどの程度あるかをチェックさせていただき、その危険度にあわせた転倒・転落防止策を実施していきます。

 ご心配のことがありましたら遠慮なく看護師や担当医にご相談ください。