生活習慣病センターのご紹介

診療理念

生活習慣病センターでは、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師がチームを組み、糖尿病や、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、肥満症の治療にあたります。生活習慣病を治療する上で大切なことを患者の皆さまやご家族と共に考え、脳卒中・心疾患の予防に注力してゆきます。

 

診療内容

生活習慣病の視覚化に重点を置いています。例えばメタボリック症候群の場合、腹部CT検査を用いた内臓脂肪と皮下脂肪の定量に加え、インピーダンス法によって推計された除脂肪量(筋量)や実際の測定筋力などを指標として、個々の体質改善を目指します。さらに糖尿病では、病型や治療法を問わず連続グルコース測定システム(Continuous glucose monitoring system; CGMS)を用いた診療を行っています。

また、バセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患、原発性アルドステロン症(二次性高血圧)などの内分泌疾患にも応需しています。

主な対象疾患

●糖尿病・脂質異常症・肥満症・高尿酸血症・高血圧(痛風)などの代謝・栄養疾患

●甲状腺・原発性アルドステロン症などの内分泌疾患

 

特色

糖尿病では、1型・2型などの病型や経口薬・インスリン注射などの治療法を問わず連続グルコース測定システム(CGMS)による血糖評価を行い、合併症の進展を阻止します。さらに、糖尿病性ケトアシド-シスなどの急性合併症や有熱期の高血糖(シックデイ)にも対応します。

狭心症・心筋梗塞・脳梗塞や下肢虚血(閉塞性動脈硬化症)などの合併症には、心臓病センター・脳卒中センターと緊密に連携して対処しています。