心臓病センター長ご挨拶

田中医師 東横病院心臓病センターでは、急性心筋梗塞、急性心不全、急性大動脈解離、不整脈などの緊急処置を含めた循環器救急を、24時間・365日体制で受けています。
 

 また、当センターはカテーテル治療に携わる熟練した医師が充実しており、緊急カテーテル検査と治療も24時間体制で対応可能です。カテーテル診断・治療は、患者さまの負担軽減のため、主に手首の動脈から施行し、術後の安静時間と入院期間の短縮が可能になりました。今後は日帰り検査の導入する予定です。
 

 循環器疾患は発症の時間を選びません。夜間・休日などでも胸痛や胸の圧迫感、呼吸困難、動悸などの症状があれば、一刻を争う事態も考えられますので、我慢や自己判断をせずに、まずはお電話でご相談ください。
 

 虚血性心疾患は、生活習慣を改善することで発症や再発をある程度予防することが可能です。当センターでは、栄養指導(食事相談)、運動処方、禁煙指導などによって生活習慣を改善をし、虚血性心疾患の発症予防に努めています。また、睡眠時無呼吸外来や禁煙外来も行い、生活習慣病の評価や、高血圧・高脂血症の治療を通して、皆さま方の健康維持のお役に立てましたら幸いです。
 

 今後も循環器治療を24時間体制で行いながら、地域の皆さま方に信頼していただける心臓病センターにしていくことを目標としています。また、急性期治療は当センターで診療を行い、慢性期には地域の他病院・医院に通院していただくような、地域全体で診療を行う体制づくり(地域医療連携)を心がけていきます。
 

心臓病センター長 田中 修

診療内容、専門分野

循環器内科領域全般の診断治療を行います。

特色

循環器領域のうち、狭心症、急性心筋梗塞、急性心不全、急性大動脈解離および不整脈などの循環器救急治療が中心ですが、特に虚血性心疾患のカテーテル診断および治療を行います。また、慢性期には地域全体で診る医療を考えています。

虚血性心疾患とは

心臓は右1本・左2本の冠動脈で栄養されています。
高血圧や脂質異常症・糖尿病などの動脈硬化により冠動脈が狭くなります。狭くなると血液が十分に供給されない場合を狭心症、閉塞して血流が途絶えて心筋が壊死してしまった場合を心筋梗塞といいます。
狭心症などの症状は胸痛が一般的ですが、胸焼けや手のしびれなどが症状のこともあります。
糖尿病患者さんの場合は、無症候性心筋虚血と言って症状が出ないことも多く、注意が必要です。

心不全とは

心臓は全身の臓器にくまなく血液を供給する臓器であり高性能で精密なポンプのような臓器です。
1分間に60回前後1日に10万回前後生まれてから死ぬまでがんばる働き者です。
いたわってあげましょう。

不整脈とは

心臓の電気の流れや発生に異常をきたし、脈の打ち方が乱れた状態のことを言います。
期外収縮という脈がとぶ症状のほか、脈が非常に早くなったり遅くなったりするもの(頻脈ないしは徐脈)も不整脈に含まれます。大きくは心房由来の上室性不整脈と心室由来の心室性不整脈があります。

心臓血管の画像診断

画像診断は、目に見えない体の中の状態を体にやさしい方法で目に見えるようにして調べる検査の総称です。日本ではまだ”Cardiovascular Imaging”という言葉はあまりなじみがありませんが、世界ではとても有名です。Cardiovascular Imagingとは、進化する画像診断装置を使って、患者さんの診断・治療に役立てる分野です。
当院では、心臓超音波検査(心エコー)、心臓CT検査、心臓MRI検査の技術を用いて目に見えない心臓や血管を調べています。

SASとは

睡眠中に何らかの呼吸の障害が起きることを睡眠時呼吸障害や睡眠時無呼吸と呼びます。この睡眠時呼吸障害や睡眠時無呼吸に昼間の眠気などの症状が伴い、睡眠中に10秒以上の呼吸の停止や低下が1時間に5回以上繰り返されると睡眠時無呼吸症候群(以下SASとします)と診断されます。通常、SASといえば、頻度の多い、閉塞型SASを指します。この項では、一般的な閉塞型SASをSASとしてお話します。

禁煙外来とは

タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
このような喫煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。
病気は意志の力だけで治せるものではありません。
禁煙外来では禁煙の治療薬を処方しますので禁煙の成功率が高まります。
条件を満たすことで、禁煙治療に健康保険等が適用され、患者さまの負担も軽くなります。

心臓血管外科

より多くの患者さまのお役にたてる様、心臓病センターにおける心臓血管外科領域の診療を担当いたします。
主な疾患は、虚血性心疾患、心臓弁膜症(僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症)、大動脈瘤(胸部大動脈瘤、弓部大動脈瘤、胸腹部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤)、末梢血管疾患(下肢閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)、先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症、完全心内膜床欠損症、完全大血管転位症、単心室症)です。手術は、聖マリアンナ医科大学病院(川崎市宮前区)でおこない、退院後は、当院(東横病院)でフォローさせていただきます。

心臓川柳

心臓病の予防や治療には、自己管理がとてもとても重要です。心臓のための生活習慣の管理に関するコツがありますが、理解して実行するのは困難です。
これを解決すべく、我々は川柳を用いて、「患者様が心臓管理を効果的に学習できる」と考えました。川柳とは、俳句と同じく五・七.五の定型詩で、世界で一番短い定型詩のひとつです。短い言葉を使用するので、患者さんが心臓病を理解しやすくなります。