心臓病副センター長ご挨拶

田中医師 心臓病センターでは、急性心筋梗塞、急性心不全、急性大動脈解離、不整脈などの緊急処置を含めた循環器救急を、24時間・365日体制で受けています。

 また、当センターはカテーテル治療に携わる熟練した医師が充実しており、緊急カテーテル検査と治療も24時間体制で対応可能です。カテーテル診断・治療は、患者さまの負担軽減のため、主に手首の動脈から施行し、術後の安静時間と入院期間の短縮が可能になりました。今後は日帰り検査の導入する予定です。

 循環器疾患は発症の時間を選びません。夜間・休日などでも胸痛や胸の圧迫感、呼吸困難、動悸などの症状があれば、一刻を争う事態も考えられますので、我慢や自己判断をせずに、まずはお電話でご相談ください。

 虚血性心疾患は、生活習慣を改善することで発症や再発をある程度予防することが可能です。当センターでは、栄養指導(食事相談)、運動処方、禁煙指導などによって生活習慣を改善をし、虚血性心疾患の発症予防に努めています。また、睡眠時無呼吸外来や禁煙外来も行い、生活習慣病の評価や、高血圧・高脂血症の治療を通して、皆さま方の健康維持のお役に立てましたら幸いです。

 今後も循環器治療を24時間体制で行いながら、地域の皆さま方に信頼していただける心臓病センターにしていくことを目標としています。また、急性期治療は当センターで診療を行い、慢性期には地域の他病院・医院に通院していただくような、地域全体で診療を行う体制づくり(地域医療連携)を心がけていきます。

心臓病副センター長 田中 修